万能薬かも!高麗人参を飲んでみよう

高麗人参の種類

高麗人参には加工法が異なる「白参」「紅参」の2種類あります。

紅参は6年という長い期間畑で栽培した高麗人参を水洗いして皮を剥くなどの加工は施さずにそのまま蒸して乾燥させ人参の水分が14%以下になるまでカラカラに乾燥させます。この紅参の加工の特徴として高麗人参に含まれる有用成分サポニンの効果を効率的に加工するのは人参の皮に豊富に含まれるサポニンを乾燥させることが大切です。

6年間成熟した紅参には高麗人参の主成分であるサポニンが豊富に含有されビタミンやミネラル、アミノ酸、マグネシウム、カリウムなど健康に効果のある成分を摂取することが可能となります。以前はこの紅参を加工することが大変難しく困難を極めていましたが近年技術の発達にともない紅参の加工技術も発展してきました。その結果比較的容易に紅参が手に入るようになっています。

また、白参は4年間の栽培期間で高麗人参加工が施されます。加工法は紅参と異なり皮を向き乾燥させることで白くなるため白参と呼ばれています。
白参には滋養強壮効果と新陳代謝を活発にさせる働きがあります。

異なる2つの加工法で効果効能はまったく変わってくるのが高麗人参の魅力でもあります。
どちらにも有効成分は含有されていますので、どちらかご自身に適した高麗人参を選択されることをおすすめします。

↑ PAGE TOP