万能薬かも!高麗人参を飲んでみよう

高麗人参と更年期障害

誰にでも訪れる更年期障害は症状の出方や種類については個人差がありますが、主な症状はホットフラッシュや頭痛やめまい、吐き気などが代表的です。更年期に訪れる障害は加齢にともない男性にも女性にもあらわれる症状ですが、とくに女性に強くあらわれる事が特徴です。

要因としては女性ホルモンの乱れが影響し更年期障害の症状に繫がる事が一つあげられます。女性ホルモンのひとつエストロゲンというホルモンがあります。このホルモンは女性らしいしなやかなボディラインの形成や、肌のツヤやハリといった女性に欠かすことのできない役割を行うホルモンですが、このエストロゲンは閉経を迎え妊娠することが難しくなったことで身体はホルモンの分泌が減少されて来ることが原因と考えられています。そしてエストロゲンには、骨を新しく生成する骨芽細胞を刺激する働きを有しています。

しかしながら更年期障害により女性ホルモンの分泌が減少すると「骨芽細胞」の働きも自然と鈍くなります。そのため、骨量の減少に繋がり骨粗鬆症を引き起こす原因となります。

このように、エストロゲンには身体を元気に維持する働きがあります。このエストロゲンの働きが加齢によって減少し体内で生成されることは難しいため、高麗人参で外から補う必要があります。緩やかに効果を発揮するため、毎日少量でも摂取し続けることが、更年期障害緩和への近道です。

↑ PAGE TOP